おせち料理は家族の団欒に欠かせません

正月になると、食べるものとして、おせち料理があります。

 

昔は、そんなに好きではなかったのですが、最近では大好きになっています。

 

そのように思っているのは、なんといっても家族の団欒にかかせない食べ物だからです。

 

そのため、正月の食べ物としておせち料理と思うんですね。

 

そのことを、いつの間にか大切な事であると思うようになっています。
普段の生活の中でも、ごぼう等を食べる事があります。

 

すると、おせちの事を思い出してしまうのです。

 

その時の味と、光景が蘇り、楽しい気分になることができます。

 

そのため、おせち料理は私を元気にしてくれる、そんな料理となっています。

 

その料理を食べている雰囲気が好きですね。

 

楽しい光景が浮かんできます。

母のおせち料理が大好きでした

私の母は料理を作るのが大好きで、お正月のおせち料理も母が全部作っていました。

 

母の作るおせち料理は美味しく、私は毎年母のおせち料理を食べるのが楽しみで仕方がなかったのです。
ただ楽しみである一方、嫌な思いもしていました。

 

私はおせちの中で栗きんとんや黒豆が好きだったのですが、昆布巻きやなますは大の苦手でした。

 

ですから出来れば昆布巻きやなますは食べたくなかったのですが、母はそれを許してはくれなかったのです。

 

苦手の昆布巻きやなますを食べなければ、好物の栗きんとんや黒豆を食べさせてはくれませんでした。
そこで栗きんとんや黒豆を食べる為に、我慢して昆布巻きやなますを食べたのです。

 

その母のおかげで、今の私は昆布巻きやなますが大好きで居られるので、無理やり昆布巻きやなますを食べさせてくれた母に、今では感謝をしています。